採用情報

採用担当者からのメッセージ

こんにちは、東海交通事業です

はじめまして。東海交通事業で採用を担当している榊山です。
東海交通事業は、JR東海のグループ会社で、主に在来線駅の運営を任されている会社です。

駅で働く、ということ

駅係員の仕事について、皆さんはイメージしたことはあるでしょうか。

多くの方は、鉄道を利用される際には自動券売機を使い、自動改札を通り、駅係員の存在どころか、駅の存在すら意識しないかもしれません。利用される方にとっては、それほど自然な存在でもある「駅」。

そんな駅で働く駅係員の実態を今からお伝えしますので、少しでも興味を持っていただけるとうれしいです。

駅係員の仕事とは

駅係員の仕事の大きな柱は、「出札(しゅっさつ)業務」と「改札(かいさつ)業務」というものに分けられます。
出札業務とは、みどりの窓口と呼ばれるきっぷうりばにて、お客様のご要望に応じて乗車券や特急券、定期券などをお作りする業務です。 マルスと呼ばれる専用の発券端末を操作してきっぷを作るのですが、日本全国のJR線はもちろん、一部の鉄道他社やバスなどのきっぷも発売することができます。
改札業務とは、お客様がお持ちのきっぷの確認や、きっぷの乗り越し精算などを行う業務です。 駅の改札口に立っている駅係員を想像していただければと思います。

接客・サービス業
という側面

上記で述べたように、駅係員の仕事はお客様と接することが非常に多いです。 出札業務をしているときも、改札業務をしているときも、お客様からは様々なことを聞かれます。
鉄道やきっぷのご利用方法はもちろんのこと、駅周辺の道案内やお忘れ物の捜索など、鉄道以外の質問もたくさんお受けします。 また、駅を利用されるお客様は、通勤・通学で毎日利用される方から、出張や旅行で初めて駅を利用される方まで、老若男女問わず、様々な方がいらっしゃいます。 私たちはそんなお客様に快適に駅を利用していただくために、サービスを提供します。 しかしながら、すべてのお客様にご満足いただけるサービスというのは、残念ながら存在しません。
私たちは、お客様との少ない言葉のやり取りで、一人ひとりにあった接客サービスを見つけていくのです。 ときにはお客様のご要望に応えられなくて、お叱りの言葉をいただくこともあります。 しかし、自分が行ったご案内に対して「ありがとう」と笑顔でお答えいただくこともあり、そんなときが駅係員として最も喜びを感じられる瞬間なのです。

街を守るということ

私たちが任されている駅は、中小規模の駅が多く、1人の駅係員が運営している駅も少なくありません。 その街にある唯一の駅というところもあります。 私たちはJR東海と同じ制服を着て、街の玄関口でもある駅の改札口にてお客様をお迎えいたします。 観光や出張などで来られたお客様にとっては、その街に来て初めて会う人が駅係員という場合も多く、自分の接客サービスがそのままその街のイメージにつながってしまいます。 一見、不安に感じるかもしれませんが、自分が良い接客をすれば、街全体のイメージを良いものにすることができます。 そんな強い責任感を持って、私たちは改札口に立つのです。

関心をお寄せいただいた方に

万全な社員教育と
ワークライフバランス
の実現

鉄道を支える一員として迎える人材だけに、私たちの期待も大きくなります。 とは言っても、入社後すぐに駅係員として活躍してもらうわけではないのでご安心ください。 4月に入社してから、集合研修と所属箇所でのOJT研修を合わせて、合計4ヵ月間の研修を行います。 その後も入社期間に合わせた研修や勉強会などを通して、1人前の駅係員に育て上げます。 また、私たちは鉄道業を担っているので、そこで働く社員は時間を守って勤務することが求められます。 そのため、社員の労働時間の管理にも万全を期しており、世間で言われる「不払い残業」などは、考えられない環境です。
また、年次有給休暇の取得率も高く、ワークライフバランスを実現できる環境にあります。 駅でお客様の安全と安心を守るためにも、万全なコンディションで仕事に臨んでほしい。 だからこそ、充実したサポート体制を整え、社員の活躍を応援しています。

最後にひと言

駅係員の仕事というのは、自分が頑張れば頑張るほど、利用されるお客様に喜んでいただくことができる仕事です。 働くことに喜びを見出したい方、接客・サービスのプロフェッショナルを目指して、私たちと一緒に働きましょう!!

PAGE TOP