城北線

城北線ウォーキングマップ

空を走る、ちょっとうれしい城北線

空を走る、そんな気分で城北線をお楽しみください。
城北線は、全線高架のうれしい鉄道です。四季折々の沿線風景が心をなごませてくれます。
とくに小田井駅周辺では、名古屋城や小牧城、清洲城がその風雅なたたずまいを車窓にくり広げてくれます。
沿線には、史跡や公園、そして歩いてみたい街道もあり、好きな駅で降りて、ウォーキングをお楽しみください。
また沿線散策には、乗り降り自由な1日フリー切符が便利でお得です。

枇杷島

MAP
※クリックで拡大します

夢大根モニュメント

おすすめウォーク

城北線「びわじま」駅 → 問屋記念館 → (庄内川沿い)西方寺 → 花咲公園 →
城北線「びわじま」駅(約6km)

城北線「びわじま」駅 → 問屋記念館 → (美濃街道) → 瑞正寺 → 長谷院 →
新川小橋(ふれあい小橋) → (美濃街道) → 城北線「びわじま」駅(約8km)

美濃街道のたたずまいが懐かしい、古い街並みを散策し、土器野・桃栄(旧新川町)に足をのばす。

城北線「びわじま」駅は、JR枇杷島駅ホームのまんなか。改札口を出て、南へ行くと美濃街道。
まず、問屋記念館で資料を集めて、西へ東へ。気分のおもむくまま散策をお楽しみください。

  1. 問屋記念館(清須市西枇杷島町)

    市場町として栄えた旧問屋の面影を今に伝える問屋記念館は、往時の商いと暮らしの様子が再現されています。

  2. 西方寺(清須市西枇杷島町)

    「阿彌陀三尊来迎図」や「光明本尊像」があり、いずれも鎌倉、室町時代のものと認められ、夏の虫干し時に見学可能です。

  3. 花咲公園(清須市西枇杷島町)

    西枇杷島庁舎隣りの、花咲公園。伝説の中の「白菊」という琵琶にちなんで「恋侍白菊」という琵琶の彫刻があります。

  4. 瑞正寺・土器野の宝塔(清須市土器野)

    罪人たちの菩提を弔うために文化12年(1815年)に建立された宝塔は高さが4.5mもあり、日本一の宝塔と言われています。

  5. 長谷院・多宝塔(清須市桃栄)

    天保5年(1834年)尾張藩主徳川家の寄進で建立。軒瓦には三葉葵があり、歴史を偲ばせてくれます。

PAGE TOP

尾張星の宮

MAP
※クリックで拡大します

清洲城

おすすめウォーク

城北線「おわりほしのみや」駅 → 河原神社・神眼池 → 八幡神社 → 医王寺・米つき地蔵 →
清洲城 → 清洲ふるさとのやかた → 清洲公園 → <美濃街道> → 日吉神社 →
ビアパーク名古屋 → 城北線「おわりほしのみや」駅(約6km)

星の宮から清洲へ、そして星の宮へ。歴史を訪ねる、城下町を歩くコースです。

城北線「おわりほしのみや」駅は、タイムトリップの駅。東に出て、「星の宮」と呼ばれる河原神社をスタートに、寺院を訪ねながら、清洲の城下町に遊ぶ。
とくに清洲城周辺は、道しるべも充実して歩きやすいコースです。

  1. 河原神社・神眼池(清須市宮東)

    「星の宮」とも呼ばれる河原神社。境内には、一対の丸い池があり、水をいただくと不治の病が治ると言い伝えられ、神眼池と呼ばれています。(現在、水は枯れています。)

  2. 貝殻山貝塚資料館(清須市朝日)

    史跡貝殻山貝塚の一角にあり、全国最大規模の弥生集落「朝日遺跡」から出土した考古資料(重要文化財)が展示されています。
    「月・火・水・祝日・年末年始」は休館です。

  3. 清洲ふるさとのやかた(清須市清洲)

    ウォーキングに疲れたらひと休み。ここは、無料休憩所です。飲食ができ、トイレもあります。

  4. 日吉神社(清須市清洲)

    もと山王社と呼ばれていた、清洲城下町の氏神様。日吉丸(豊臣秀吉の幼名)は、母がこの神社に祈願し授かったといわれています。

  5. ビアパーク名古屋(清須市寺野)

    ビール工場を見学すると、ビール1杯の試飲ができるビアパークが「おわりほしのみや」駅から徒歩5~6分のところにあります。

PAGE TOP

小田井

MAP
※クリックで拡大します

加藤家と岩倉街道

おすすめウォーク

城北線「おたい」駅 → 庄内緑地公園 → 星神社 → 願王寺→五所社 →
城北線「おたい」駅(約5km)

城北線「おたい」駅 → <庄内川橋> → 妙本寺 → 伊奴神社 → 庚神塚 → 新福寺 →
白山神社 → 城北線「おたい」駅(約6km)

神社仏閣そして岩倉街道の街並み…。
笑い声が響く庄内緑地公園のまわりは、いにしえ人の信仰の息づかいが聞こえてきます。

城北線「おたい」駅は、沿線屈指のウォーキングコース。
庄内緑地公園の緑、その周囲に点在する神社仏閣、そして岩倉街道の趣き。どこまでも足を伸ばしたくなるうれしい駅です。

  1. 庄内緑地公園(名古屋市西区)

    広大な緑地公園、グランド、ゲートボール場、池…遊ぶ人々で笑い声が絶えない公園です。喫茶・レストランもあります。

  2. 星神社(名古屋市西区)

    創建不詳。大己貴命(大国主命)、天香々背男、牽牛織女を合祀してあり、毎年8月に行われる七夕祭 は由緒ある祭礼です。

  3. 五所社(名古屋市西区)

    創建は不詳。天文14年(1545年)小田井城主織田藤左衛門寛経が修復遷宮。拝殿の彫刻芸術は、一見の価値があります。

  4. 伊奴神社(名古屋市西区)

    創建は天武2年(673年)。周辺では最古の神社といわれており、伊奴姫命、大年命、須佐之男命の三神が主神として祀られています。

  5. 白山神社(名古屋市西区)

    稲生ケ原の合戦の際、織田信長方の佐久間大学が名塚砦をつくり立てこもった城跡といわれています。

PAGE TOP

比良

MAP
※クリックで拡大します

蛇池桜並木

おすすめウォーク

城北線「ひら」駅 → 光通寺(比良城址碑) → 大井神社 → 瑞応寺 → 楠公園 →
大我麻公園 → <喜惣治橋> → 城北線「ひら」駅(約6km)

城北線「ひら」駅 → 大乃伎神社 → 福晶寺 → 陽岳寺 → 蛇池神社 →
城北線「ひら」駅(約5km)

庄内川の氾濫と闘ってきた名残りを残す比良駅南部。水にゆかりの史跡や神社仏閣が点在しています。
また北東には、「如意」の地名の由来を伝える神社があります。

城北線「ひら」駅から、北東には「如意」という地名由来の大井神社や夢想国師開山の瑞応寺。南方面に歩くと水にゆかりの蛇池や大乃伎神社、福昌寺などがあります。 

  1. 光通寺(比良城址碑)(名古屋市西区)

    寛永年間(1624~43)頃に創建。佐々成政が生まれた比良城址の碑が西に建立され、NHK大河ドラマ「利家とまつ」でも紹介されました。

  2. 大井神社(名古屋市北区)

    和銅・養老年間(708~723年)に勧請と記され、かつて観音堂に安置されていた如意輪観音から如意の地名が生まれたといわれています。

  3. 楠公園(名古屋市北区)

    アスレチック遊具、プール、グランドなど家族づれが気軽に訪れる大きな公園です。緑ゆたかな公園で心と身体を休めてください。

  4. 大乃伎神社(名古屋市西区)

    六所大明神といわれ「延喜式神名帳」にも記されている神社。古くから信仰が厚く寄進された唐犬、神鏡などがあります。

  5. 蛇池・蛇池神社(名古屋市西区)

    池に住む龍神が乳母がわりをしたという伝説の蛇池。庄内川堤防から比良新橋間の蛇池桜並木は、毎年春に、多くの花見客で賑わいます。

PAGE TOP

味美

MAP
※クリックで拡大します

ハニワの館

おすすめウォーク

城北線「あじよし」駅 → 二子山古墳 → 味鋺神社 → 護国院 → 首切り地蔵 →
春日山古墳 → 城北線「あじよし」駅(約5km)

城北線「あじよし」駅 → エアフロントオアシス → イチロー展示ルーム → 岳桂院 →
城北線「あじよし」駅(約5km)

駅のそばには、古代に夢をはせる古墳群。少し足を伸ばせば、県営名古屋空港やイチロー展示ルーム。
2つ大きな魅力のある駅です。

城北線「あじよし」駅の目の前が、春日山古墳、そのそばには二子山古墳、白山神社古墳、御旅所古墳があり古代に興味のある人にはこたえられません。
また、北に向かえば県営名古屋空港やイチロー展示ルーム… 一度、この駅からの散策をお楽しみください。

  1. 味美古墳群(春日井市)

    5世紀代の大きな前方後円墳の二子山古墳をはじめ、白山神社・御旅所古墳、春日山古墳があり、古代への想いに駆られます。

  2. 味鋺神社(名古屋市北区)

    白山藪古墳出土の古鏡が神宝。寛治7年(1093年)に競馬の神事が催され、戦前までは流鏑馬が行われていました。

  3. エアフロントオアシス(春日井市)

    県営名古屋空港の離発着が展望できる公園。夜間は公園内照明と夜景がファンタスティックです。

  4. イチロー展示ルーム(豊山町)

    メジャーリーグにデビューと同時に、MVPなど各賞を奪取した野球選手イチローの展示ルーム。ファンならずとも必見のスポットです。

  5. 岳桂院(名古屋市北区)

    室町時代末期の創建で、本尊は阿弥陀仏。庄内川の氾濫によって現在の場所に移築されました。

PAGE TOP

勝川

MAP
※クリックで拡大します

小野道風像

おすすめウォーク

城北線「かちがわ」駅 → 勝川大弘法・居眠り地蔵 → はなのき公園 →
小野道風誕生伝説地 → 道風記念館 →勝川天神社 → 町田公園 →
城北線「かちがわ」駅 (約9km)

一歩駅を出て、少し歩くとあちこちに公園が。県下有数の公園が多い街、春日井。
緑がうれしい散策ができます。

春日井、勝川といえば、平安中期の三跡の一人小野道風の道風記念館。書にちなんだ催しや展示が常時開催されています。
城北線「かちがわ」駅を北へ出て、大弘法通商店街を通って南へ下り、道風記念館へというコースがおすすめです。 

  1. 勝川大弘法・居眠り地蔵(春日井市)

    勝川大弘法横にある居眠り地蔵。身体の痛いところを治すというご利益があるといわれています。

  2. はなのき公園と
    緑の遊歩道

    公園の多い春日井市の街づくりの一端にふれる遊歩道と公園。道風記念館へのウォーキングも気にならない快適さです。

  3. 小野道風誕生伝説地(春日井市)

    小野道風は、寛宝6年(894年)、松河戸に生まれたといわれています。この地に小野社があり書の上達を願う人が訪れています。

  4. 道風記念館(春日井市)

    小野道風筆と伝えられる古筆から現代書家の作品まで2,200点を収蔵。いろいろな書を展示しています。特に春・秋の特別展は必見。

  5. 勝川天神社(春日井市)

    地蔵ケ池公園に隣接する勝川天神社。おしろいを塗った男衆が五穀豊穰を祝う勝川馬之塔という伝統行事が行われています。

(詳細はそれぞれの観光課にてお尋ねください)

城北線のご利用案内

城北線は、無人駅

城北線は枇杷島駅を除いて無人駅です。ワンマン列車で後乗り、前降りとなっていますのでご協力ください。

乗るとき

改札口はありませんので、ホームに上がってください。乗車されたら整理券をお取りください。整理券には乗車駅名と運賃が書いてあります。

降りるとき

運転士の横にある運賃箱に整理券と運賃を入れてください。

枇杷島駅でお降りの方

降車の時、運賃箱に整理券と運賃を入れた後、運転士から「降車駅証明書」を受け取り、JRの自動改札機をお通りください。また、東海道線のJR各駅まで乗り継いで行かれる方は、お降り駅で「降車駅証明書」を自動精算機に入れJR分運賃を精算してください。または、JR線車内で、車掌からJR分切符をお求めください。

城北線ホリデーフリーきっぷ 好評発売中

城北線ホリデーフリーきっぷは、土曜・休日及び年末年始、休日ダイヤ運転日の1日に限り自由に乗り降りできます。1枚720円(小児用は360円)、切符の有効期限は発行日から3ヶ月間です。

城北線ホリデーフリーきっぷ

開運、勝星きっぷ 好評発売中

川駅と尾張の宮駅の名前をとった縁起きっぷです。1枚から発行。20枚以上ならきっぷのウラに、お好きな文字やロゴを入れて発行します。

城北線ホリデーフリーきっぷ

お問い合わせ・お申し込み先

(株)東海交通事業 鉄道部 TEL 052-504-3002(9:00~20:00)

PAGE TOP